沖縄記 2

 お話しが前後しますが6月20日
 
沖縄に着くなり那覇のパレットくもじ7F リブロにて、本を購入。
 歴史・伝説にみる沖縄女性   知念村の御嶽と殿と御願行事


6月25日 日曜日

 朝、みろく大社の宮司さん 比嘉良丸さんにご挨拶し、お祈りをあげていただきガッツーンと胸の中に何かが入ってくる。
 感謝を胸に、一路、斎場御嶽へ。

斎場御嶽へ

 車の中では、いつもギャグ満載のメンバーがなぜかしんみりと黙りこくって良丸さんにあげていただいたお祈りについて考え、それぞれの思いにひたっている。

 が、やがて気持ちは斎場御嶽へ。
 20日に買った本をバスガイドのように朗読しつつ、みんなで勉強しながら現地へ向かう。
 25日の斎場御嶽は聖地にもかかわらず、ジョイアスロンの会場となっていて、ゼッケンを胸につけてミネラル・ウォーターを手にした大勢の人たちが、えっちらおっちら歩いている。
 国際ジョイアスロンin南城市ということで、地元の人たちや自治体などにとっては収入源として、大切な企画なのだろうけれど、何も聖地をそういう風に使わなくても…と、複雑な思いがよぎる。

 しかし今回の沖縄行きの動機の中で、かなりのパーセンテージを占める斎場御嶽では祈らずにおられない。座らずにはおられない。
 5日間の御神事浸けで祈りなれてしまった(?)私達5人は座る座る。石の上に正座する。
 ジョイアスロンの人々にはお構いなく拝所であれば地面に座る。

 誤解を恐れずに報告すると、確実に懐かしい「やっと帰ってまいりました」的感慨があった。大庫理(ウフグーイ)に座ったときは、ゾクゾクと大地からのエネルギーを感じた。
 有名な三庫理(サングーイ)を抜けて、岩の間から久高島を観た時は、感激もひとしお。明日参りますから、と祈り、胸の中で宣言して手を振った。


 斎場御嶽を後にして、那覇に帰るにはまだ時間があり、テダ御川へ。
 かつては太陽(ティダ)を拝し、首里の王様が久高島への航海の安全を祈る場所で、湧き水が湧いていたらしいが、国会議事堂などの建設の時、採石したため、水も涸れてしまったらしい。

 ここではサーフィンなどで海に近しいAさん、Yちゃんがピリリと来たらしく、喜んでまたお祈り。
 ↓テダ御川への道。
テダ御川
 
 

halkoさん そして、楽しい那覇の夜。

 桑名晴子さんの「日本縦断平和祈念 こころの 唄旅」ツアー、那覇ライブ会場へいそいそと!
 5日間の御神事で一緒だったメンバーにも再開し、嬉しい嬉しい。

 爆裂! 女神パワーなんだな、ここは! と、泡盛あびながら那覇の夜は更けてゆきました。

 Haikoさん、めちゃくちゃ動くので、ぶれてないのがこれ一枚。
 後姿で、ゴメンなさい。

 


6月26日 月曜日

 個人的には、絶対にここにくるために沖縄に来た。と言っても過言ではない久高島へ。
 安座間港から船で約20分。
久高へ
  
 まず、泉仙人さんのお友達、留学センターに勤務中の大曽根さんにご挨拶。
 自転車を貸していただき、ウロウロと準備をしていると、Halkoさんに再会。大きなクエストをいただく。よっしゃ! いざ神の島、冒険の旅に出る。

 暑い、暑いと叫びながら、集落の中をグルグル走る。
 素敵な郵便局。なぜか「塩」を販売。
 この島の拝所には、気軽に座れない。存在感がありありと。今もそこにいる厳しい神様達の気配。あるいは、この神々を守る島の人々の毅然とした意思を感じる。遠くからお辞儀。

 さて、完全武装で北へ北へと向かう。
 帰りの船の時間もあるので、大急ぎの冒険の旅。

 まずは、いしき浜。↓
いしき浜

 この海のかなたがニライカナイ。神の領域。

いしき浜2 

 ニライカナイを拝み、至福の私。交流センターで借りた編み笠(?)帽子がお気に入り。

 チョロチョロと、いろいろなところに寄りながら、泉仙人さんお勧めの島の最北端の聖地
 “はびゃーん”に到着!!↓
はびゃーん

はびゃーん2

 クエスト完了。ありがとうございました。ここに来た甲斐がありました。
 天河神社の五十鈴さんをリュックから取り出し、祝いの舞を。
 ここに来て、五十鈴さんは鳴らすものではなく、勝手に揺れ始め鳴りはじめるものだと体感。

 ロマンスロードを通り島の西側の道を南下していく。
 フボー御嶽の前でHalkoさんご一行と再会。ミラクル!

宇音蒼真 写真、左は宇音さん、右は蒼真さん。
今回の御神事の巫女舞トリオです。

 集落の売店に戻ってアイスコーヒーで
ひとこごち。

 気持ちも新たに、世界の平和と、宗教の隔てなく心の中の神様を大切にする信仰心を胸に、祈りとしての舞を続ける決意をした三人でありました。

 

Halkoさん2

 

 今日は、もう東京に帰るのね、と後ろ髪ひかれつつ再び安座真港へ

 安座真港にて 「神々の古層?」女が男を守るクニ 久高島の年中行事 購入。
 比嘉康雄さんの素晴らしい写真集です。

 写真は安座真港でのHalkoさん 

 

 そして、19:35那覇空港から、一路東京へ。 

那覇空港にて、再び比嘉康雄さんの 
日本人の魂の原郷 沖縄久高島 購入。 

 

 とりあえず駆け足であったことだけ書きましたが、書けてない~~!
 書けない~~~~~!!

 文章では書けない、濃い、濃い、一週間の沖縄でした。

 次回は、帰ってきての感想、その他、もう少し冷静に書いてみたいと思います。
 感謝と感動を胸に、今日も生きております。

                                          合掌

 

コメント

非公開コメント